風俗を読む|風俗体験記

個性豊かな突撃レポーター達が全国の風俗を気ままにぶらり体験旅。

広島のデリヘル『O』を利用した際に小悪魔系アイドルルックスな陽菜ちゃんと出会った俺、DJ:M。最初は小悪魔のように攻めてきた彼女であるが、俺を攻めている間に自分が感じちゃったみたいだYo! それほどの敏感娘を俺が責めたらどうなるか? その答えは……。
まず、俺は陽菜ちゃんに聞いてみた。「どこをどうされたい?」と……。もちろん、意地悪のつもりだった。すると、陽菜ちゃんは「……探して(ニヤリ)」と切り返してきた。う~む、一筋縄じゃいかない。ちなみに俺は一筋の縄で縛れたらイク自信がある。それはドMだからである。
それならばと、まずは先程のお返しとばかりに首筋に息を吹き掛けてみるが、ニヤリとして「違~う!」とのこと。もちろん、そんなの俺の想定内。だから、慌てない。だけど時間が無い。そこで、続いてのターゲットに定めたのはバストだ。陽菜ちゃんのそれは、いわゆる美乳というやつだ。
まずは背後から抱き締めるようにして下側からすくうようにしてモミモミと……。さらに可愛らしい乳首を優しく指でつまんでみる。そのリアクションは……息が荒くなってきた。ビンゴか? そう思った。しかし、俺と視線が合った瞬間に、その目は「まだ余裕よ」と言っているようだった。
こうなると、自ずと答えは一つに絞られる。そこで、俺が狙ったのは、もちろん彼女のシークレットゾーン! 最初は少しずつ人差し指で入り口をツンツンする程度からスタート。そして、徐々に門を開くように奥へ……。この時点でかなり濡れているのが分かる。どうやら、当たりだ。
こうなったら一気に攻めるしかないだろう。俺は舌先のギアをトップスピードに切り替えて、陽菜ちゃんの股間に顔を埋めてアソコを舐めまくった。気になる陽菜ちゃんのリアクションは……何かを堪えるように唇をギュッと一文字に結んでいる。それならば、と、俺は顔面騎乗式クンニに切り替えたYo!
 下から突き上げるような舌に、ついに耐えきれなくなったのだろう。それまで我慢していたものが一気に弾けたように「あぁ~ん! もぉ、ダメ!」と絶叫を始めた陽菜ちゃん。そこには小悪魔の表情は無く、敏感ガールの顔だった。しかし……「お返しよ」と再び小悪魔にフェイスチェンジ!
フィニッシュは陽菜ちゃんの舌先がネットリと俺の肉棒に絡み付いてきた。そして、シゴクように上下させてレロレロとされたら、今度は絶叫するのは俺の番である。しかも、指は乳首をイジるものだから、腰までガクガクさせてしまう俺、DJ:M。もちろん、そのままドピュドピュしてしまった。
 俺、DJ:M。アソコを責められて弾けたのは陽菜ちゃんよりも、四十代半ばの俺でした……だから広島、大好きです!

広島を訪れた俺、DJ:M。今回、楽しんだのはデリヘルの『O』。オフコース、もちろん、『アンダーナビ』で見つけたんだYo!
お相手は陽菜ちゃんという22歳のアイドルフェイスのキュートレディ。だから、準備はできたReady。シャワータイムから準備万端な俺はモッコリしてしまい、早くも陽菜ちゃんに呆れられてしまったほどだ。それほど期待が高まるルックスの持ち主ってワケだ。とうぜん、ワクワクしてしまった俺である。
さて、陽菜ちゃんがパッチリな大きな瞳で俺を見つめ、「どうしましょうか?」と聞いてきた。その目は、どことなく悪戯っ子のオーラを放っていて、かなりエロいと推測した俺、DJ:M。「だったら、陽菜ちゃんの好きにしてイイっす!」としか答えられない自分が情けない(ビタースマイル)
さて、小悪魔な女のコに「好きにして」とお願いすると、どうなるか? まずは、キスをしてきた。かわいい小さな唇を重ねる陽菜ちゃん。まずは軽めに。そして、数回重ねると、少しずつ……という感じで舌を入れてきた。ただ、入れるといっても激しくではなく優しいスイートな感じだ。
But、しかし。陽菜ちゃんの舌先がズンズンと攻めの姿勢を見せるようになると、キュートさよりも小悪魔なフェイスの方が大きくなってきたようだ。唇を離しては、大きな瞳で見つめてニヤリとする陽菜ちゃんにノックアウトされて、Mな俺は早くも降伏状態。だけど、Mなので幸福状態。
そんな陽菜ちゃんの小悪魔な舌先は唇を離れると、俺の首筋に。舐めるのか……そう思った、I think so。そうだとしたらイキそぉ~! と思っていたら、彼女は弄ぶように予想を外してきたYo! 舐めるのではなく、フウッと息を吹き掛けてきた。この奇襲攻撃の前に股間は破裂寸前だ。
その後はもちろん、全身リップタイム! 俺のウイークポイントである乳首舐めにはオッサンであることを忘れ、JKのようにキャーキャー言ってしまった俺、DJ:M。そんな姿を見て淫らな微笑を浮かべる陽菜ちゃん。小悪魔というよりも、まるでサキュバス。だからチン先から知るが先走る。
で、俺が責められている時のこと。フとした瞬間に指先が陽菜ちゃんの乳首に触れてしまった。すると、「あん!」と可愛らしい声を出した彼女。“もしや?”と思い、あそこに指を伸ばしてみると……あら、けっこう濡れてるYo! 「……ウチ、超敏感じゃけん」と照れている陽菜ちゃんを見て俺は……。

Hey,Yo! DJ:MだYo! エブリデー、ジャパン津々浦々を旅している俺、DJ:M。ここ最近、お気に入りのエリアが広島県だったりする。
好きなreasonのひとつが繁華街が充実しているってことだYo! やっぱ、俺にとって遊びやすいタウンは最高なわけで。あとは、なんといってもデリヘルのクオリティが高いと思うよ、俺個人の意見だけど。これまでに『アンダーナビ』でいくつもの名店を見つけて、その都度ハマったほどだ。
But、しかし。頻繁に訪れることができるエリアではないので、なるべく新しい刺激が欲しい俺は未開拓の店を選んでしまう傾向があるのは否めない。東京以外のエリアって俺にとっては旅先で。そんな旅先での出会い自体が刺激的なのだけど、今回ばかりは制御不能になりそうな俺、DJ:M。
コトの成り行きをイチから話すと、その夜、俺は広島でライブをブッ放して、股間の一人二次会と称して風俗を楽しもうと思ったわけ。だけど、時間がディープナイト、深夜だったのでデリヘルしかないわけで。結局、今回も『アンダーナビ』のお世話になることになった俺である。
 今回は『O』というデリヘルをチョイスした俺、DJ:M。決め手は、まず、お手頃な料金設定なこと。そこにプラスして『アンダーナビ割引』が超お得なんだYo! コースによっては3,000円割引になるんだぜ? さすが、アンダー! まさにワンダー! 予約時に「アンダーナビを見た!」と言った俺である。
また、もうひとつの決め手が、もちろんのことではあるけど、女のコのレベルの高さだ。誰に似てるってワケじゃないけど、いわゆるアイドル系の女のコが多いってことだYo! こりゃあ、誰が来てもOKでしょう! 誓った必勝! まぁ、サイトを見た感じでは確実に満足できそうだ。
 実際のところ、今回の俺のお相手である陽菜ちゃん(仮名)は、まるでプリンセスのようであり、シャワータイムで見た22歳のバツグンなボディラインに早くも興奮を隠せない俺、DJ:M。それは股間に現れていたようで、「もう大きくなっていますよ(ニッコリ)」とツッコミを入れられてしまったほどだ。
シャワーでは泡だらけの手で乳首を刺激されてしまったら、ヒ~ヒ~言って悶えるのみだ。しかも、美女に見つめられてしまうと、なんだか視姦のようであり、グッとくるものがあるのは、俺が単なるドMなだけだからだろう。それしか理由が思いあたらない。そして、ベッドではどうなかったというと……。

■バナー置き場

当サイトはリンクフリーです。リンクの際は下記バナーをダウンロードしてお使い下さい。
リンク先URLはhttp://www.exrepo.jp/でお願いします。

風俗体験のお話 風俗を読む(468×60)

風俗を読む(200×40)

風俗を読む(88×31)

このページのトップヘ